オシャレにしよう

リフォームはオーダーメード

リフォームといえば綺麗になることを想像するでしょう。でも昔はそのようなイメージはなかったように思えます。家を造るというその一言だったような感じでしょう。今では、そこに住む人を第一に考え、望むものをつくりあげています。デザインが良く、お洒落なもので、オーダーメードとなるでしょう。このように、変わってきたのはリフォーム業者がかわったようにおもえます。昔は家自体に重点をおいて、魅力ある商品を造ろうとしてたのです。ですから、家の構想があってからのお客様だったので、お客様は二番目の扱いだったのです。いまではそれが逆転して、お客様がいてのリフォーム計画となったのです。これが、魅力のある商品を造ってきたのでしょう。

お客様からのリクエストに対応する

時代が変わればいろんなものが変わります。もちろん少ししか変わらないものもあれば、大幅にかわるものもあります。最近では時代の移り変わりが早すぎるような気がするでしょう。特にIT業界では、一年でまた新しいものへ移り変わることが多いでしょう。リフォーム業界でも近年では大幅に変革しているようです。リフォームは住む人の暮らしを表現しています。そこに住む人が快適にすごせることを第一に考えてます。ですから、リフォームの主体はお客様にあってそれをフォローするのがリフォーム業者である図式が成り立ってます。これからの少子高齢化時代の住宅においても、リフォーム業者はお客様からのリクエストに対応できるようサービスを開発するのに努力しています。